筋トレ界で話題の“筋肉増強剤 アナボリックステロイド”でマッチョな体をゲット!



筋肉増強は現代人のテーマです。

スマートな体型がいい!筋肉があったほうが格好いい!
生まれてこの方、ずっとこんなプレッシャーにさらされながら生きてきました(笑)。

この世を支配するこの絶対的価値観!
脂肪がつきにくく、パッと筋肉増強できる人には、まったく問題ないのでしょうけど、
私にとっては、人生における大きな壁となって常に立ちはだかってきたのです。息苦しいほどに…。

よって、筋肉増強のためにそれこそいろいろ試してきました。
走ったり、筋トレしたり、たんぱく質しか摂らなかったり…。
その長年の経験と研究の結果、一つだけわかったことがあります。
それは、「結果が出るのにえらい時間がかかり、増強した筋肉が落ちるのは一瞬」という哲学的な話(笑)。

あれ?なんか変だな。
もっとシレッとした顔で、筋肉増強している人はいっぱいいるのに、なぜ私だけ駄目なのか?

この長年の疑問に、ついに痺れを切らした私は、その人(筋肉増強維持のお兄さん)に突撃で聞いてみたのです。
そして、その筋肉増強法を実践してみようと思っています。
今回は、その辺りをこのブログに残そうと思って、筆をとりました。

さて、結果からお伝えします。


■筋肉増強法、その答えは「アナボリックを制す!」

アナボリック??????? 
聞きなれない言葉ですよね。
私も?でした。そこで受け売りですが、書いておきます。

アナボリック」とは?
----------------------------------------------------
筋肉組織などの器官たんぱく質合成の促進や、
赤血球産生促進作用のあるたんぱく同化作用のこと。
貧血の改善やカルシウムの排泄を減らす働きがあるほか、
筋肉アップを導くことから、アナボリックステロイドなど
筋肉増強剤として世界中で使用されている。
----------------------------------------------------

そう、アナボリックとは筋肉増強をもたらす作用のことで、
中でもアナボリックステロイド(筋肉増強剤)は、
マッチョの世界ではメジャーな存在なんだとか。

でも、気になるのは、やはり副作用ですよね。
お兄さんいわく、確かに副作用はあるけれども、
それをサポートするケア剤(クロミッドなど)をしっかり併用すれば、それほど大きな弊害はないらしいのです。

また、商品についても、先発品ではなく同成分の後発品が良いとのこと。
そこで、私も良くわからなかったので、注目のラインナップについて教えていただきました。


■注目の筋肉増強!アナボリックステロイド

●オキシポロン(先発品アナドロール)
配合成分は「オキシメトロン」、副作用の女性化が少なく男性におすすめとのこと。

●メダナボル(先発品ダイアナボル)
配合成分は「メタンジエノン」、世界で最も人気があり多くの方に愛用されているらしい。男性向け。

●アナドリン(先発品アナバー)
配合成分は「オキサンドロロン」、副作用の危険性が低く、初心者や女性の方におすすめ。

●ウィンゾロン(先発品ウインストロル)
配合成分は「スタノゾロール」、アンドロゲン(男性化)作用が少なく女性の方に向いているらしい。


また、ステロイドに抵抗がある人は、
ステロイドを含まない“非ステロイド薬”もあるとのこと。


■非ステロイド薬でアナボリックをサポート!

●スピロテロール
配合成分は「クレンブテロール塩酸塩」、筋肉を維持したままで脂肪を落としてくれるらしい。

●リオサイトメル
配合成分は「リオチロニンナトリウム」、新陳代謝を高めてくれるらしい。


その他、「ファーミアマッスル」や「アナバー」といったサプリメントで様子をみても良いとおっしゃっていました。

お兄様、ありがとうございます!

ここまで教えていただければ、あとは実践あるのみ。
アナボリックを制して、筋肉増強の道へゴー!

今から、どうなるか本当に楽しみです♪


この記事へのコメント